モバイルロボットアルゴリズム研究所

この研究所の最終目標は、インテリジェントで完全な自律型モバイルロボットと適応STEM教育ロボット工学プログラムを開発することです。

研究所は、主にモバイルロボットプラットフォームの空間マークアップ問題 (方向、ナビゲーション、マッピングのサブタスクの解決など) の解決や、また動作のモデリングにも取り組んでいます。研究所の研究事項には次が含まれます。

  • コンピュータービジョンデータ (RGB と RGBD カメラ、ライダー、レーダー) の処理。
  • SLAM アルゴリズム。
  • ROS プラットフォームの拡張機能とアプリケーション。
  • Duckietown 環境でモバイルロボットプラットフォームのアルゴリズムをモデリング・検証。
  • 空間マークアップ問題の機会学習モデルを構築。
  • オペレーティングシステムで調整されたリソース管理のアプローチを構築。
  • STEM および産業用ロ ボ ットの分野で新しい教育アプローチを開発。

研究所はまた、自律輸送、空間マーキングタスク、そしてその他の分野のテクノロジーのための自動検証システムと仮想ラボの構築で豊富な経験があります。

プロジェクト

季節講習

講習の主な目標は、国際チームでの取り組み、最新のテクノロジーの修得など、研究プロジェクト開発で経験を得ることです。

グループメンバー

Tatiana Berlenko
研究員
Konstantin Chaika
研究員
Valeriya Dopira
研究員